一般社団法人
マンダラエンディングノート普及協会

メニュー

マンダラエンディングノートについて
About Mandala ending note

マンダラエンディングノートとは、資産の一覧や保険の内容を書き留めておくといった、単なる個人の遺言帳のようなものではありません。

マンダラエンディングノートとは、
自分の「思い」をノートに込め、
その「思い」を共有することで自分や家族、
周りの身近な人の「今とこれからを幸せに生きる」ノートです。

「よりよく死を迎えるためのノート」としてだけでなく。「これからをどう幸せに生きるか」が見えてくるノート。

そこが、他のエンディングノートとは違うマンダラエンディングノートの最大の特長です。

マンダラエンディングノート
の使い道

エンディングノートの実状

昨今 、人生の終わりに向けての準備活動「終活」がブームなっています。その終活ブームの象徴とえるのが「エンディングノート」です。
書店にも多数並んでいて、実際に手に取って見てみた方、購入された方、誰かからプレゼントされた方も多いのではないでしょうか。

エンディングノートといえば、家族や友人に対するメッセージや葬儀に関する希望、財産に関する情報などを残すことが一般的です。

しかし、マンダラエンディングノートはちょっと違います。

  マンダラエンディングノート 一般的なエンディングノート
いつ 今この瞬間、将来のことを考え始めたその時から 死期が迫った時に
どこで 家族のいる自宅のリビングや知人との集まりなど、人目がある場所でも 自室や病院など、人目をはばかる場所
だれが お年寄りに限らず、子供から大人まで「今を生きる」人全て お年寄りが
だれに 自分や家族はもちろん、身近な大切な人全て 自分と家族のために
なぜ 自分はもちろん、家族や身近な大切な人の「幸せに生きる」を広めるため 自分が死んだとき迷惑をかけないように
どうやって 「思い」をノートに書き留め、共有する 資産や医療・介護、相続のことといった「情報」をノートに書き留めておく

マンダラエンディングノート
の特徴

エンディングノートの実状

「エンディングノート」はどれくらいの人が知っているのか?
どれくらいの人が書いているのか?

少し古いデータですが、経済産業省から発表された「ライフエンディング・ステージ」に関する報告書によると、「よく知っている」「なんとなく知っている」「名前は聞いたことがある」を合わせた、存在を認知している人は、全体の6割を超えます。

しかし、実際にエンディングノートを書き上げた人の割合は、なんとたったの2.0%。60代でも2.4%、70歳以上も5.0%に過ぎません。
認知もある程度あり、「いずれ書くつもりである」と答えた人の割合が全体で41.1%、 70歳以上だと54.2%に上りますが、未だに書き始める人が少ないのがエンディングノート実状です。

なぜ、書き上げることができないのでしょうか?

一般的なエンディングノートを書き上げられない理由

  • 単純に書く項目が多い
  • 自分に関係のない項目が多い
  • いきなり結論を書かなければならない
  • 書いた後の変更があると思うと書けない

マンダラエンディングノートを書き上げられる理由

  • 9つのマスに分けられた各分野の質問に答えるだけでOK!
  • 本音でも建て前でもOK!
  • 書けないことは書かなくてもOK!

マンダラエンディングノートを勧める理由

Point.1
必ず書ける
答えが自然と湧いてくる質問になっているので、悩まずにスラスラ書けます。
Point.2
相談しながら
書ける
今までのエンディングノートのように、秘密にしながらこっそり書く必要はありません。
一人で書くのではなく、家族や身近な人と意見を交換しながら書けるので、書くことがラクになります。
Point.3
現在と未来を
考える
今まで書けなかったことが「書けること」によって、自分がしなければならないことが見えてきます。
過去、現在、未来を考えるので、書いているうちに前向きな気持ちで書くことができます。

まずは体験してみませんか?

マンダラエンディングノートは「死に備えるノート」ではありません。
「死んだ後にどうするか」だけでなく、「現在とこれからをどう生きるか」が綴られます。いわば人生設計ノートのようなものです。
過去を振り返ることで、現在と未来が見えてくる。現在と未来を生きる力が湧いてくる。

そんなマンダラエンディングノートを是非体験してみてください。

お問い合わせはこちら