一般社団法人
マンダラエンディングノート普及協会

小笠原 純
プロフィール詳細
Facilitator profile

岩手

ファシリテーター

おがさわら じゅん
小笠原 純   (通称:オガジュン)

介護、心託コンシェルジュ、終活ガイド

活動地域

岩手県全域

メッセージ

介護の仕事をしながらMEN(マンダラエンディングノート、以降MEN)ワークショップを開催してます。(専門分野、介護)
私のMENワークショップの特徴としては、MENワーク実施後、「もしバナゲーム」を行います。最近、耳にする「ACP(アドバンスケアプラン)』を取り入れたもので終末期の意思決定を事前にゲーム形式で参加者やご家族と意思を共有することを目的として行ってます。考えが整理された状態でゲームを行うことができ、皆さんと意思を共有しやすい環境が整いやすくなります。
ゲームに参加していただいた方からは好評をいただいてます。
また、介護では自分の中に「これからの人生を笑顔で過ごしていただくために「人生を思い描ける考える杖」となれるように精進していく」という軸を置き、介護の仕事をしながらご相談いただいた方と関わらせていただいてます。
現在、1ヶ月に1回のペースでワークショップを開催してますが、今後は企業の研修や個人で依頼があればその都度の開催もしていきますのでご要望いただければ開催しますのでいつでもご相談ください。※定期開催も行います

ホームページ

「シュウカツ学」紹介FBページ

ファシリテーター紹介一覧へ戻る